移動平均線は過去○日間の終値をその期間で割った平均値です。
AIを駆使したシステムトレードやファンド、個人トレーダーの売買結果の平均値です。
移動平均線は単純ですが多くの要素が詰まった優れた指標です。

●ストロンゲスト移動平均線の強弱の記号を6通貨毎に短期中期長期に分けて描画することで
過去から全体の通貨強弱の流れが読み取れる。

●マルチタイムで短期中期長期のの強弱が分かり今一番優位性のある通貨ペアが表示される

●通貨ペア毎にストロンゲスト移動平均線エントリーサインの出現が過去から分かる。
現在サインが出ている通貨ペアも瞬間に分かり通貨ペア選択に役立つ。

JPY USD EUR GNP AUD NZDの15通貨ペア
USDJPY.EURJPY.GBPJPY.EURUSD.GBPUSD.AUDUSD.AUDJPY.EURAUD.GBPAUD NZDUSD.NZDJPY.EURNZD.GBPNZD

何故この6通貨なのか

FXは24時間取引できますが、大まかに言うとオセアニアタイムから始まり東京タイム、ロンドンタイムに入り
ニューヨークタイムクローズで終えます。

オセアニアタイム通貨はAUDとNZD 東京タイム通貨はJPY ロンドンタイム通貨はEURとGBP ニューヨークタイム通貨ではUSD
が最も取引されてます。

トレードはこの15通貨ペアからの選択で始まります。
通貨ペアの選択で勝敗が決まると言っても過言ではございません。

通貨の強弱を用いて通貨ペアの選択をする

6通貨を三つにグループ分けします。 USD JPY EUR GNP AUD NZD
USD JPY(U-Jグループ)  EUR GNP(E-Gグループ)  AUD NZD(A-Zグループ)

グループ内での通貨ペアでは取引しない(監視ようの通貨ペア)

ドルと円、ユーロとポンド、オージーとニュージーは相関性があります。
為替相場の中ではドルと円が両方とも買われる売られる、ユーロとポンドが両方とも買われる売られる、
オージーとニュージーが両方とも買われる売られる事が多々あります。

分かり易く解説する為にSimple_SWを用いていますが「通貨選択ツール」の商材には含まれていません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

USD JPY(U-Jグループ)/  EUR GNP(E-Gグループ)
(U-Jグループ)の強い通貨から(E-Gグループ)の弱い通貨
(U-Jグループ)の弱い通貨から(E-Gグループ)の強い通貨
USD JPY(U-Jグループ)/  AUD NZD(A-Zグループ)
(U-Jグループ)の強い通貨から(A-Zグループ)の弱い通貨
(U-Jグループ)の弱い通貨から(A-Zグループ)の強い通貨

EUR GNP(E-Gグループ)/  AUD NZD(A-Zグループ)

(E-Gグループ)の強い通貨から(A-Zグループ)の弱い通貨
(E-Gグループ)の弱い通貨から(A-Zグループ)の強い通貨

基本的な方法です。ドル一強で円一弱の場合USDJPYの取引もありです。

私は監視用の三つの通貨ペアではトレードしません。

一強通貨とは
JPYで説明しますとJPYの終値が基準の移動平均線の下なら強い
基準の移動平均線を20SMAとするとUSDJPY、EURJPY、GBPJPY、AUDJPY、NZDJPYの終値が20SMAより下にある。
黄色の●が描画されます。

一弱通貨とは
JPYで説明しますとJPYの終値が基準の移動平均線の上なら弱い
基準の移動平均線を20SMAとするとUSDJPY、EURJPY、GBPJPY、AUDJPY、NZDJPYの終値が20SMAより上にある。
黄色の〇が描画されます。

 

 

 STG_SW 

ストロンゲスト移動平均線の強弱の記号を通貨毎に短期中期長期を描画
過去からの通貨別の流れをみて今日の通貨ペア選びに役立てる
上の画像からAUDが強くてEURとGBPが弱いのが視覚的分かる

 

 STG_SW_Pair 

現在足の短期中期長期の強い通貨、弱い通貨が描画される
上の段:短期の強い通貨、中期の強い通貨、長期の強い通貨
下の段:短期の弱い通貨、中期の弱い通貨、長期の弱い通貨

下の画像STG_SW_PairM15では上段:短期中期長期ともAUDが強いのが分かる
下段:短期中期長期ともEURが弱いのが分かる

トレード対象の優位性の高い通貨ペア
強い買い通貨はライムで通貨名が描画される。弱い売り通貨にはレッドで通貨名が描画される
・第一候補は左の上下のペア ・第二候補は左右のペア ・第三候補は右の上下のペア
第一候補、第二候補、第三候補すべてEURAUD の売りが示されてます。

 

 

 

 

第一候補:GBPAUD 第二候補:GBPAUD とGBPNZD 第三候補:GBPNZD
GBPAUD GBPNZD どちらか又は両方のショート狙い

 

 

 

 

 

基本15分足で分析しますがこのSTG_SW_Pairを5分足、1時間足と三つ表示することで
マルチタイムの強弱と各時間足での優位性のある通貨ペアが分かります。
15分足でチャンスがない場合5分足でのトレードに切り替えることも可能でまた
15分足トレードのエントリータイミングを5分足で計る場合にも役立ちます。
(条件が変わるタイミングや通信速度により通貨名の表示が遅い場合もあります)


トレンド転換は下位足から始まりトレンド継続は上足の方向に動きます。

それを踏まえて「通貨ペア選択ツール」で分析すると通貨ペア選びが容易になります。

・執行時間足M15ではM5とH1で分析

・執行時間足M5ではM1とM15で分析

・執行時間足H1ではM15とH4で分析

あなたのお好きな移動平均線の期間で分析もできます。

 

このように多角的に分析をして通貨ペアを決定した後にサインツールの後押しでエントリーです。
トレードはエントリー前の分析に重点を置いてください。勝敗は通貨ペア選びで決まります。

15通貨ペアようのMT4と分析ツールようのMT4を分ける
同じ会社のMT4をコピーしてタスクバーで切り替えると便利です。
理想としてはマルチディスプレイで同時監視が良いでしょう。

「MT4を複数使う」で検索してください。

・推奨時間足 

全ての時間足

・商品内容 

MT4カスタムインジケーター  ・STG_SWツールSTG_SW_Pair

特典インジケーター                      ・MA_Arrow  ・Time_Line

テンプレート   「1-STG-SW」「3-STG-SW-Pair」

・価格 

38,000円(税込)  

・お支払い 

・クレジットカード ・コンビニ前払い

 

 

 

 

・銀行振り込みなら、更に8,000円引き!30,000円(税込)

 

特定商取引法に基づく表記

今なら下記インジケーターを無料プレゼント!

ロジックは二つ、組み込まれいます。

1:・買い-ローソク足の終値が三つの移動平均線を上回った時

・売り-ローソク足の終値が三つの移動平均線を下回った時

2: ・買い-ローソク足の終値が三つの移動平均線を上回った後、
短期の移動平均線にタッチもしくは下抜けした後、上抜けした時

・売り-ローソク足の終値が三つの移動平均線を下回った後、
短期の移動平均線にタッチもしくは上抜けした後、下抜けした時

Alert 矢印条件が揃った時(確定時ではありません)
ポップアップウィンドウと音で知らせてくれます。(true=On)(false=Off)
Mail 矢印条件が揃った時(確定時ではありません)
スマートフォンにメールでお知らせ(true=On)(false=Off)

全てtrueか全てfalseでお使いください。
又はメール転送falseでAlertだけをtrueでの使用をお勧めします。

 矢印確定前は点いたり消えたりしますがローソク足確定後は、時間足変更やMT4再起動しても
矢印の位置は変わりません


●特典3
面倒なインジケータの設定もワンクリックでOK!テンプレート
テンプレートを読み込むチャートは15通貨ペアなら何でもOK

 

* ソフトウェア動作環境
インジケーター(ツール)はMT4で動作します。MT4は証券会社で無料でダウンロードできます。
全てのMT4での動作は保証してません。日足6本のMT4では使用できません。
15通貨ペアのリストのないMT4ブローカーではご使用できません。

OS:Windows7/8/10(32bit/64bit)・WindowsVista・WindowsXP、CPU:Pentium2GHz以上、
メモリ:4GB以上、解像度:1024×768以上、通信環境:ブロードバンド回線
推奨モニター サイズ23インチ以上