レンジロジック

レンジ相場ではレジスタンスラインにタッチで売り

サポートラインにタッチで買い又はボリンジャーバンドの上下バンドタッチで

売り買いなど巷では言われいますが非常にレベルの低いロジックだと思います。

レンジ相場でも時間足をおとせばトレンドが発生しています。

上位足のレンジを下位足のトレンドフォローで取りに行く方がリスクも少なく

安定したトレードが出来ます。

15分足にマルチタイムフレーム分析セットとストロンゲスト移動平均線を入れ

トレンドフォローで仕掛ける

今日(11月26日午後4時)の最高値は4時間足のレジスタンスラインとR1あたりです。

私はR1の指値で20pipsほどの利益でした。

レンジ相場だけではなく上位足のトレンドの押し目や戻り中の逆張りを

下位足のトレンドフォローで仕掛けることも出来ます。

・パラメーター

ストロンゲスト移動平均線20と80の2本

ケルトナーアロー80と80

MAアロー20 80 80

BRストップ 20と2.0

 

参考になれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)