チャンスの待ち方 ストロンゲストMA

ストロンゲスト移動平均線を使ったチャンスの待ち方

下の画像15分足の15通貨ペア

パッと見、目立っているのは長期のライム〇USD一弱です。

パープルの●長期でNZD一強です。

短期と中期はバラバラで長期の逆が多い。待ち相場です。

USDを売るかNZDを買うか二者択一になります。

USDを売る場合は短期中期の強くなって来る通貨を待ちます。

・JPYが強くなればUSDJPYのショート

・EURが強くなればEURUSDのロング

・GBPが強くなればGBPUSDのロング

・AUDが強くなればAUDUSDのロング

・NZDが強くなればNZDUSDのロング

NZDを買う場合は短期中期の弱くなって来る通貨を待ちます。

・USDが弱くなればNZDUSDのロング

・JPYが弱くなればNZDJPYのロング

・EURが弱くなればEURNZDのショート

・GBPが弱くなればGBPNZDのショート

このように売る通貨買う通貨を決めれば短期中期が強くなっても弱くなっても

チャンスになります。

15通貨ペアを監視することでチャンスは多くなります。

AUDNZDとEURGBPには20SMAと80SMAを入れてます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)