通貨ペアの考察 2019/07/17

昨日はロンドンに入ってGBPが売られました。

英国保守党の党首選の影響でしょう。

今日は(EGグループ)から(UJグループ)を狙っていきたいと思ってます。

(EGグループ)GBPが弱い

(UJグループ)USDが強い

GBPUSDのショート狙いですがJPYもそこそこ強いので

GBPJPYも候補の一つにします。

15分足ではGBPが強い判定です。

このままトレンド転換すのか戻りを付けに行ってるのかわからないのですが

GBPはピボットの観点からは5通貨全て売り圧力が強いので

15分足でGBPが売られて来ればチャンスです。

・通貨の強弱の考え方はこちら

・通貨強弱判定インジケーター Simple_SWはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)