USDJPYの昨日のボラティリティ(値幅)は、たったの26pips
好き嫌いや、何となくで通貨ペアを選んでいたら絶対に勝つことはできません。

GBPJPYの昨日のボラティリティ(値幅)は151.7pipsでした。

「強弱ツール」ではGBPJPYの売りシグナル
「ゾーンチャート」では売り優勢ゾーン
「スターシグナル2」では売りサイン
トリニティFXでは通貨ペア選び、環境認識、エントリーサイン、エグジットまで裁量を
極限まで軽減したトレードが可能です。

新ツール発売記念!2月28日まで35%Off

お客様レビュー https://fx-skull.com/bluebox/revier-2

トリニティFXが凄い理由?


この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします。