インジケーターとはチャート上にテクニカル指標を表示するプログラムです
ほどんどのトレーダーは何かしらのインジケーターを使ってますよね。

ここで重要なのはインジケーターは裁量の補助として使うのであって
間違ってもインジケーターに頼ってインジに使われるトレーダーになってはいけません。

①:私は裁量100%中 90%はインジケーターにやらせてます。
インジケーター90% 裁量10%でトレードしてます。

②:負けてるトレーダーは
インジケーター100%中 裁量10%でトレードしてるようです。
インジケーター90% 裁量10%

①と②も同じ「インジケーター90% 裁量10%」ですが
インジケーターを使っているか使われているかで雲泥の差があります。

巷の商材ではサインをスマホに送ってトレードしても勝てると
煽ってる教材もありますが私に言わせれば絶対に勝てないと思う。

でも教材の作者は勝ってるでしょう。
作者は①で裁量の補助としてインジを使っているので。

教材を買ったら先ず作者がなぜそのインジケーターを使っているかを
フォーカスして学んでみましょう。

例えば移動平均線ひとつとってもトレンドの方向や強さを見るトレーダーもいるし
エントリータイミングを計ってるトレーダーもいるし押し目を拾う為に
使ってるトレーダーもいます。

間違ってもインジケーターに頼ってインジに使われるトレーダーに、ならないようにね。

●環境認識ブルーBOXは方向とレジサポ、利食いポイントの補助として使ってください。

チャートに表示しているインジケーター

カスタムインジケーター
・HT_Crosshair_Sync_V1.00 他チャートと同期する十字ラインが描画されます
・SpreadLabel       スプレット
・vertical_time_lines   ロンドンオープン英国指標 NYオープンに縦ライン
・PT_Symbol      左下に通貨ペアを大きく表示
・Grid_Builder     ラウンドNO
・BreakOut_BOX_indicator  東京タイムにBOXを描画

MT4搭載インジケーター
・Ichimoku Knko Hyo    雲のみ使用
・Moving Average      1時間足のトレンドを見る

オリジナルカスタムインジケーター
・Arrow_3         エントリチャンスを▲▼で知らせる
・ERbox_ve2        ブルーBOX
・Hi_Lo          前日高値安値と当日の高値安値にライン
・W_TokyoTime       東京タイムの高値安値にライン
・Star_Signal         エントリチャンスを★で知らせる
・Strong_Weak        6通貨の強弱を判定

     FX・株・投資のブログを見る!
     にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
*ブログでのトレード記録や週間成績はブルーBOXスターシグナルの基本でのトレードのみを掲載しております

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします。